鈴木貞一郎の株式会社アトックスの魅力|企業のチカラサービス

男女

予期せぬ火災に備える

室内

設置のためにまず必要なこと

スプリンクラーというのは天井などに設置する消防用の設備です。火災の熱や煙を探知して、自動で水を散水して初期消火を行うための装置となっています。スプリンクラーは効果の高い消火設備として知られ、散水による煙防散効果もあります。また、水による冷却効果も有効です。火災が広がる前の初期の段階で消化できるのが特徴です。現在、旅館やホテル、病院や老人福祉施設などで設置が義務付けられています。これらの施設でスプリンクラーを新しく設置する場合、国からの補助金を受けることができます。補助金の申請には書類の提出や工事の入札などが必要なため、手続きを代行してもらえる業者に依頼すれば快適に利用できます。こういった業者では、申請書を提出するための必要書類の作成から工事業者選び、設備の選定までを一貫してサポートしてもらえるのが特徴です。

スプリンクラーの価格はどれくらい

スプリンクラーの価格は種類や配管方式、設置する場所の広さなどによって変わってきます。平均的な相場は、1平方メートル当たりで2万円ほどです。500平方メートルの病院施設であれば1500万円の予算がかかる計算です。少人数介護のグループホームであれば、300万円くらいが相場といわれています。配管工事や天井の補強など、スプリンクラー設備を設置するためには様々な工事が必要になりその分の予算も必要です。国からの補助金で工事費用の半分はまかなえるという試算もありますが、設置する施設によって価格は大きく変わってくるのでしっかりと見積もりを出すことが必要になります。スプリンクラーがあることで火災初期に消化できた事例は多く、早急な設置が望まれています。

Copyright© 2016 鈴木貞一郎の株式会社アトックスの魅力|企業のチカラサービス All Rights Reserved.